0
¥0

現在カート内に商品はございません。


TOP > 糖尿病(グルコバイ・アカルボース・メトホルミン) > リベルサス(Rybelsus) 14 mg 10錠
TOP > ダイエット(メトホルミン・フォシーガ・リベルサス) > リベルサス(Rybelsus) 14 mg 10錠

リベルサス(Rybelsus) 14 mg 10錠

リベルサス(Rybelsus) 14 mg 10錠

¥15,050 税込
商品コード: Rybelsus 14 mg_10
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
## リベルサスのメリット

リベルサスは、「やせるホルモン」とされるGLP-1の経口薬です。このリベルサスを飲むことで、食欲が抑えられ、ダイエットの効果が期待できます。以下にリベルサスのメリットをご紹介いたします。

### 1. 食欲抑制効果
リベルサスは、GLP-1の働きを模倣することで、食欲を抑える効果があります。GLP-1は脳の食欲中枢に作用し、満腹感を促す作用があります。そのため、リベルサスを飲むことで、食べ過ぎを防ぎ、ダイエットのサポートをしてくれるのです。

### 2. 継続的な効果
リベルサスは、一度飲むだけで効果が得られるだけでなく、継続して飲むことでより効果を発揮します。食欲を抑制する効果が持続するため、食事制限を続けながらダイエットを行いたい方にもおすすめです。また、リベルサスの効果は飲み続けることで徐々に向上し、より効果的なダイエットをサポートしてくれます。

### 3. ダイエットのモチベーションアップ
ダイエットは続けることが難しいと感じる方も多いかと思います。しかし、リベルサスを飲むことで食欲を抑えることができるため、食事制限がしやすくなります。無理なく食事制限を続けることができるため、モチベーションを保ちながらダイエットを進めることができるのです。

### 4. 健康へのプラス効果
リベルサスは、食欲を抑えるだけでなく、血糖値の上昇を抑制する効果もあります。そのため、糖尿病の予防や改善にも役立ちます。また、リベルサスは食事の摂取量を減らすことができるため、肥満に関連する病気のリスクを下げることができるとされています。

## リベルサスのデメリット

リベルサスは、やせるホルモンであるGLP-1の経口薬ですが、使用する際にはいくつかのデメリットがあります。以下に詳しく説明します。

### 1. 副作用の可能性がある

リベルサスを使用することで、吐き気や嘔吐、下痢などの副作用が生じる可能性があります。これらの症状は一時的なものであり、通常は数週間から数か月で軽減されることが多いですが、使用中に不快な症状が現れることもあります。個人によっては副作用が強く現れる場合もあるため、使用前には医師と相談することが重要です。

### 2. 高価な薬である

リベルサスは、他のダイエット薬と比較しても比較的高価な薬です。通常、長期間の使用が必要となるため、薬代の負担が大きい場合もあります。また、保険の適用外の場合には、自己負担での購入となるため、経済的な負担が増える可能性もあります。

### 3. 使用制限がある

リベルサスは、一部の人には使用制限があることもあります。妊娠中や授乳中の女性、心臓病や膵炎などの持病を抱えている人、または薬物乱用の過去がある人などは、リベルサスの使用が制限されることがあります。医師との相談を通じて、自身の健康状態に応じた適切な薬の選択を行うことが必要です。

### 4. 食事制限が必要

リベルサスを効果的に利用するためには、食事制限を行う必要があります。リベルサスは食欲を抑える効果があるため、過剰なカロリー摂取を抑えることができますが、それと同時に、バランスの取れた食事や健康的な生活習慣の維持が求められます。食事制限や健康的な食事の維持が難しい場合には、リベルサスの効果を最大限に引き出すことができないかもしれません。

リベルサスは、GLP-1と呼ばれる「やせるホルモン」を含んだ経口薬です。リベルサスを摂取することで、食欲が自然に抑えられ、ダイエットの効果が期待できます。

リベルサスには以下の特徴があります。

- 食欲を自然に抑えられる
- 太りにくい体質になれる
- 自宅で継続的に治療できる
- 注射が苦手な方でも摂取しやすい

リベルサスを服用することで、食欲が自然に抑えられ、空腹感も軽減されます。食事量が減ることでダイエットの効果が期待できます。

また、内臓脂肪の燃焼や基礎代謝の向上も期待できるため、体質改善の可能性が高いです。

また1日1回錠剤を経口投与するので、他の注射タイプのGLP-1受容体作動薬と比べて痛みがなく、利用しやすいです。

服用方法
空腹時にコップ約半分の水とともに、3mg錠、7mg錠、14mg錠のいずれかを1錠ずつ服用します。お茶やコーヒー、服薬ゼリーなどでの服用は控えてください。服用後は30分間は飲食を控えます。

リベルサスを飲んだ後は、30分〜2時間程度、食事や水分の摂取を控える必要があります。どうしても水分を摂取したい場合でも、最小限に抑えなくてはいけません。

セマグルチド錠。デンマークのNovo Nordisk社によるインド市場向けパッケージ。

成分:セマグルチド(Semaglutide)

発送元:インド

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ★★★★★ (2)

  • 2023-09 ドン さん ★★★★★

    空腹感はなくなります

    空腹時には、120ml以下の水でリベルサスを服用してください。薬を服用した後は、少なくとも30分間は飲食を避けることで、最大の効果を得ることができます。
    この錠剤は、有効成分のセマグルチドを保護する構造になっているため、分割したり2錠服用すると、効果が減少します。
    私は早起きして、薬を服用してから再び眠りについています。
    薬を服用することで、空腹感はなくなりますが、食べたいと思えば食べることができます。これはダイエットの非常に頼もしい味方です。

  • 2023-09 Editori さん ★★★★☆

    14日目で2.5kg減少

    ■配送
    振り込みからお届けまでの所要時間は10日です。

    ■効果
    通常の食欲はありますが、少量で満足感を得ることができます。これまでの食事量の2/3で満足できるため、食事制限にストレスを感じることはありません。夜は食べずに早めに寝ることもありますが、やはり食べたくなることもあるため、食べることがおすすめです。

    4日目で体重が1kg減少し、8日目で2.1kg減少、14日目で2.5kg減少しました。

    甘いものを食べた後は、食欲抑制の効果が薄れるように感じます。また、薬に慣れたせいか、飲み始めよりも副作用が軽くなり、食欲があるように感じます。また、服薬後14時間を過ぎると、少し食欲が戻る傾向があります。ただし、基礎代謝が上がり脂肪燃焼効果もあるため、夜と昼の同じ食事でも翌朝の体重が異なることがあります。

    美しい引き締まった体を作るためには、運動も必要です。速めのウォーキングやピラティスの筋トレも取り入れています。

    ■服用のコツ
    服用時はコップ半分程度の水と一緒に摂るようにしましょう。服用後は30分間は飲食を控えます。枕元に薬と水を準備しておき、起きたらすぐに服用します。掃除や朝食の準備中に服用することもおすすめです。

    ■副作用
    低血糖の症状が出ることを覚悟していましたが、地味ながらもそれが現れました。
    初日はだるさやめまいで、数時間寝込むことがありました。2日目には頭痛があり、3日目にもだるさと頭痛が続きました。4日目には頭痛が再び現れ、5日目には嘔吐や軽い下痢で1日寝込むことになりました。6日目にはだるさを感じましたが、7日目は特に問題ありませんでした。8日目には食後に軽い下痢の症状が出ました。休日には体調を崩しやすいです。

レビューを投稿