0
¥0

現在カート内に商品はございません。


TOP > 痛風 (ザイロリック・フェブリク錠・プロベネシド等) > Febutaz 40 mg 105錠 フェブリク錠のジェネリック(成分フェブキソスタット)

Febutaz 40 mg 105錠 フェブリク錠のジェネリック(成分フェブキソスタット)

Febutaz 40 mg 105錠 フェブリク錠のジェネリック(成分フェブキソスタット)

¥8,089 税込
商品コード: Febutaz 40 mg 105_ind
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
### フェブリクとは
フェブリクは、尿酸降下薬の一種であり、高尿酸血症や痛風の治療に使用されます。その主成分はフェブキソスタットと呼ばれる物質であり、尿酸生成抑制薬に分類されます。

### 効能・効果
フェブリクは、尿酸の生成を抑制することによって、高尿酸血症や痛風の症状を改善する効果があります。尿酸は体内で生成される物質であり、その過剰な生成によって尿酸値が上昇し、痛風発作や痛風関節炎などの症状が現れます。フェブリクは尿酸の生成を抑え、尿酸値を下げることでこれらの症状を緩和します。

### ザイロリックとの違い
フェブリクは、同じく尿酸降下薬であるザイロリックと比較して、副作用が少ないとされています。ザイロリックは尿酸の分解を促進する作用がありますが、これによって一部の人では胃腸の不調や肝機能障害などの副作用が現れることがあります。一方、フェブリクは尿酸の生成を抑える作用があり、副作用のリスクが低いとされています。

ザイロリック より副作用が少なく1日1回飲めば良い
『ザイロリック』で下がる尿酸値は1.5mg/dl。
 これに対し、『フェブリク』は1日1錠40mgで、4.0mg/dl下げられるので、効果が高い。


★用法・用量(主なもの)
1.痛風、高尿酸血症:フェブキソスタットとして1日10mgより開始し、1日1回経口投与する
その後は血中尿酸値を確認しながら必要に応じて徐々に増量する
維持量は1日1回40mgで、患者の状態に応じて適宜増減するが、最大投与量は1日1回60mgとする
2.がん化学療法に伴う高尿酸血症:フェブキソスタットとして60mgを1日1回経口投与する


★効能・効果
高尿酸血症
痛風
がん化学療法の高尿酸血症


成分フェブキソスタット。ザイロリック より副作用が少なく1日1回飲めば良い。効能・効果:高尿酸血症、痛風。尿酸降下薬のうちの尿酸生成抑制薬

メーカー
サンファーマ Sun Pharma Laboratories Ltd

製造国
インド India


## フェブリク錠(成分:フェブキソスタット)のメリット

### 尿酸の効果的な降下
フェブキソスタットは、高尿酸血症や痛風の治療に使用される効果的な薬です。尿酸の生成を抑制し、血中の尿酸濃度を効果的に低下させることができます。

### 長期的な痛風の管理
痛風の発作を予防するためには、血中の尿酸濃度を一定の範囲内に保つことが重要です。フェブキソスタットは、長期的な痛風の管理に効果的であり、尿酸値の維持に役立ちます。

### 他の薬との併用が可能
フェブキソスタットは、他の尿酸降下薬や痛風の治療薬と併用することができます。これにより、より効果的な尿酸の降下や痛風の管理が可能となります。

### 副作用の少なさ
フェブキソスタットは、一般的に副作用が少ないとされています。他の治療薬に比べて、体への負担が少なく、安全性が高いと評価されています。

### 服用の簡便さ
フェブキソスタットは、通常、1日に1回の投与で効果を発揮します。そのため、服薬の簡便さや忘れにくさという点でも利便性が高いです。

フェブキソスタットは、尿酸降下薬の中でも効果的で安全性の高い治療薬です。痛風の治療や尿酸値の管理において、そのメリットを活かしていただきたいと思います。

## フェブキソスタットのデメリット

### 飲み忘れによる効果の低下

フェブキソスタットは、定期的に継続して服用することが重要です。しかし、人間は忘れる生き物ですので、飲み忘れてしまう可能性があります。飲み忘れが続くと、効果が低下し、治療効果が期待できなくなる恐れがあります。

### 副作用のリスク

フェブキソスタットの使用には、副作用のリスクが伴います。一部の患者さんでは、吐き気や下痢などの軽度な副作用が現れることがあります。また、まれに重篤な副作用が発生することも報告されています。医師の指導のもと、副作用のリスクと治療効果を考慮して判断する必要があります。


## フェブキソスタットの効果
フェブキソスタットは、高尿酸血症や痛風の治療に使用される尿酸降下薬です。尿酸は体内で産生されるものであり、過剰な尿酸の蓄積が高尿酸血症や痛風の原因となります。フェブキソスタットは、尿酸生成酵素の一種であるキサンチンオキシダーゼを阻害することで、尿酸の産生を抑制し、血中尿酸濃度を下げる効果があります。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ★★★★☆ (5)

  • 2020-10 Oza さん ★★★★★

    尿酸値すごい下がる

    痛風予防で購入いたしました。
    フェブリク錠は尿酸値を大きく下げ、効果的ですね。

  • 2020-04 吉本 さん ★★★★☆

    簡単に注文

    フェブリク錠のジェネリックを1回飲めば大丈夫ですね。
    個人的には、フェブリク錠のジェネリックとは、尿酸値を下げるには、最善の方法のように実感です。
    とても簡単に注文ができて、難しいように感じないです。

  • 2020-12 綾瀬 さん ★★★★☆

    最安値です

    1日1回利用すればokで、サプリ館のフェブリック錠のジェネリックとは、大切に利用させてもらうようにしています。
    コストパフォーマンスがよくって、おそらく、フェブリック錠のジェネリックは最安値だと思いますよ。

  • 2020-09 山中 さん ★★★★☆

    日本では未承認

    長年、痛風で悩まされています。
    なので、サプリ館のフェブリック錠のジェネリック・Febutazを適切に服用させてもらっています。
    Febutazとは、日本では未承認ですけど、ほんとに利用はしやすいと実感です。

  • 2021-09 しろう さん ★★★★★

    痛風の予防に

    フェブリク錠は痛風の予防のために毎日飲んでます。
    おかげさまで、尿酸値が大きく下がってます

レビューを投稿