0
¥0

現在カート内に商品はございません。


TOP > 胃潰瘍・H2ブロッカー・食道炎 > サイアミディン SIAMIDINE(成分:シメチジン)400mg 200錠 癌の転移を抑制
TOP > 癌・抗がん剤 > サイアミディン SIAMIDINE(成分:シメチジン)400mg 200錠 癌の転移を抑制

サイアミディン SIAMIDINE(成分:シメチジン)400mg 200錠 癌の転移を抑制

サイアミディン SIAMIDINE(成分:シメチジン)400mg 200錠 癌の転移を抑制

¥7,778 税込
商品コード: TH2940 x 2
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
サイアミディンは胃酸の分泌をおさえる薬です。胃炎や胃潰瘍の治療に用います。

また、この薬の成分であるシメチジンは癌の転移を抑制する働きがあるとして注目されています。

●効能

胃潰瘍、十二指腸潰瘍

吻合部潰瘍、Zollinger-Ellison症候群、逆流性食道炎、上部消化管出血(消化性潰瘍、急性ストレス潰瘍、出血性胃炎による)など

●用法と用量

一般的な用法として、1日800mgを2回(朝食後及び就寝前)に分割して経口投与する。また,1日量を4回(毎食後及び就寝前)に分割もしくは1回(就寝前)投与することもできる。

●使用上注意

治療にあたっては経過を十分に観察し、病状に応じ治療上必要最小限の使用にとどめ、本剤で効果がみられない場合には使用を停止して、担当医または薬剤師にご相談下さい。

●副便秘、発疹 など作用

シメチジンの驚くべき効果!癌転移を抑制する働きとは?

### シメチジンと癌の転移抑制

癌の転移は、がん細胞が原発巣(がんの始まりの部位)から他の部位に広がることを指します。転移は、がんの進行や予後に大きな影響を与える重要な要素です。シメチジンは、胃酸の分泌を抑制することで、癌細胞の成長や転移を抑える働きがあると考えられています。

### シメチジンの作用機序

シメチジンの作用機序は、まだ完全には解明されていませんが、いくつかの仮説があります。一つの仮説は、シメチジンが癌細胞の成長や転移に関与するサイトカインと呼ばれる細胞間情報伝達物質の産生を抑制することで、抗癌効果を発揮するというものです。また、シメチジンは免疫系の活性化を促すことで、癌細胞を攻撃する免疫応答を引き起こす可能性もあります。

### シメチジンの副作用と注意点

シメチジンの一般的な副作用には、頭痛やめまい、下痢、吐き気、食欲不振などがあります。また、シメチジンは他の薬との相互作用がある場合がありますので、医師との相談が必要です。さらに、シメチジンは妊娠中や授乳中の使用に関しては慎重が必要です。癌治療においてシメチジンが使用される場合は、医師の指示に従い正しく使用することが重要です。

以上が、シメチジンについての事前知識です。シメチジンは癌の転移を抑制する働きがあると言われていますが、具体的な効果や副作用については医師との相談が必要です。次に、シメチジンが癌の転移抑制にどのような効果を持つのか、詳しく見ていきましょう。

## シメチジンの歴史

### 1950年代の発見
シメチジンは、1950年代にアメリカの研究者によって発見されました。当初は胃潰瘍の治療薬として開発されたものでしたが、後に癌の転移を抑制する効果があることが明らかになりました。

### 1970年代からの研究
シメチジンは、1970年代から更なる研究が進められました。その中で、シメチジンが癌細胞の増殖を抑制し、転移を防ぐ働きがあることが示されました。この発見により、シメチジンは癌治療における有望な薬剤として注目を浴びるようになりました。

### 1980年代の臨床試験
1980年代には、シメチジンの臨床試験が行われました。この臨床試験では、様々な癌の患者にシメチジンが投与され、その効果が評価されました。その結果、シメチジンは癌の転移を抑制するだけでなく、生存率を改善する効果もあることが示されました。

### 現在のシメチジンの利用
現在では、シメチジンは特に胃がんや乳がんの治療において利用されています。シメチジンは、癌細胞の増殖を抑制し、転移を防ぐ効果があるため、手術や化学療法と併用して使用されることが多いです。

### 将来の展望
シメチジンは、その効果が確認されたにも関わらず、まだまだ研究が進められています。将来的には、より効果的で安全な癌治療薬としての利用が期待されています。また、シメチジンをはじめとする他の薬剤との併用療法や、シメチジンの他の癌種への応用についても研究が行われています。

以上が、シメチジンの歴史についての概要です。シメチジンは、癌の転移を抑制する働きがあるため、現在の癌治療において重要な役割を果たしています。今後の研究の進展に期待が寄せられる一つの薬剤と言えるでしょう。

## シメチジンのメリット

### 1. 転移の抑制
シメチジンは癌の転移を抑制する働きがあります。癌が他の部位に広がることを防ぐため、治療効果を高めることが期待できます。

### 2. 胃酸の抑制
シメチジンは胃酸の分泌を抑える作用があります。これにより、胃酸による胃や食道の炎症を軽減し、痛みや不快感を緩和することができます。

### 3. 消化器の保護
シメチジンは消化器の保護効果もあります。胃や食道の粘膜を守り、潰瘍や出血などの合併症を予防します。これにより、治療中の癌患者にとって消化器のトラブルを軽減することができます。

### 4. 薬物相互作用の防止
シメチジンは一部の薬物の代謝を阻害することで、その薬物の血中濃度を上昇させる効果があります。これにより、他の薬物との相互作用を防ぎ、効果的な治療が行えるようになります。

### 5. 副作用の軽減
シメチジンは一般的に副作用の少ない薬剤です。他の抗がん剤に比べて副作用が軽減されており、患者の生活の質を向上させることができます。

これらのメリットを活かし、シメチジンは癌治療において重要な役割を果たしています。ただし、具体的な使用方法や副作用については医師の指示に従うことが重要です。

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ★★★★★ (4)

  • 2020-04 熊田 さん ★★★★☆

    医師に相談

    私は、胃潰瘍や胃炎には、サプリ館のサイアミディンを愛用させてもらっています。
    サイアミディンとは、個人的には、必要十分な効果が実感できています。
    効果が見られない場合には、医師に相談した方が良いと思います。

  • 2020-12 内藤 さん ★★★★★

    今後も

    効率よく、胃酸分泌を抑制するには、サプリ館さんのサイアミディンを利用するのが、ベストな選択であるといった感じです。
    サプリ館のサイアミディンとは、胃酸分泌抑制には、毎日利用して良いレベルですね。
    今後も、よろしくです。

  • 2020-09 丸橋 さん ★★★★☆

    最安値で購入

    胃酸の分泌を抑えたいとき、そんな時には、サイアミディンを利用するのが、正直言って、かなりオススメだと思います。
    サイアミディンとは、最安値で購入できまして、コストパフォーマンスには、かなり満足させてもらっています。

  • 2021-11 たなか さん ★★★★★

    シメチジン先日届きました

    シメチジンは癌の転移を抑制するとのことで購入させていただきました。
    入金から2週間で届きました。

レビューを投稿